先輩社員インタビュー

営業職の場合

入社後、各部署で業務経験を積み「総合力を持った営業」を目指します。総合力があるということは、それだけ対応のスピードや精度が上がり、結果的にお客さまからの信頼につながるのです。

デリバリー、サッシ・アルミ課、工事課の場合

それぞれの部署で業務経験を積み「高度な技術を持った熟練者」を目指します。

■営業  新築・増改築のお客様に対して  よりより家づくりのための提案をしています。      高橋 祐一 たかはし ゆういち  営業  2007年9月入社
この仕事に興味を持ったきっかけは?
人と接することが好きなので、営業職に魅力を感じていました。また、マイホームを作ったことで建材が身近な存在になり、勉強をするのが面白くなってきました。
仕事のやりがい・嬉しかったことは何ですか?
最初は建築に関する専門知識が難しく、「営業としてやっていけるか?」と不安になったこともありま した。でも基本的に負けず嫌いなので(笑)、新聞に折り込まれる住宅のチラシを見ながら図面をコピーしたり、現場でサッシの調整がうまくできない時は自宅のサッシで練習をしたり、そうした地道な努力もしました。わからなかったことが、日々の活動で一つひとつ身について、お客様に認められたときが嬉しいですね。お客様に「やっぱりお前じゃなきゃダメだわ!」と言われたときは本当に嬉しかったです。
仕事をしていく中で難しいと思うことは?
住宅建材、サッシ、設備、エクステリアと、どの商品にも多くの種類や仕様があるので、お客様に新しい提案をするためには、日々住宅に関する知識を仕入れていかないといけません。常に勉強が必要です。
職場の雰囲気を教えてください。
倉庫の徹底的な掃除しかり、挨拶しかり、当たり前のことをとことんやっている会社だと思います。それがやらされているのではなく、社内の雰囲気で全員が自ら進んで行うような環境になっていますね。
将来の夢は?
会社からの信頼と、営業としてのお客様からの信頼を今後も積み重ねていきたいですね。また、私は若い時に何も分からずマイホームを建てたので、入社してからマイホームの建材について知ったわけですが(笑)、将来的には小さくてもいいので納得のいく家を建てて、セカンドライフを楽しみたいです。

就活中の学生へのアドバイス・メッセージ

難題に直面した時は「当たって砕けろ」の勢いで行動してみると、プラスの方向に向かうと思います。一歩踏み出すまでが大変ですが、踏み出してしまえば自ずと進んで行くことを私はこの会社で学びました。ぜひ失敗を恐れずに全力で頑張ってください。
■デリバリー(配送)  お客様の注文や営業の指示を受けて、  確実な資材配達・商品管理を心がけています。    鈴木 智 すずき さとし  デリバリー(配送)  2010年4月入社
仕事のやりがい・うれしかったことは何ですか?
常に自分で段取りを考えながら動かないといけないので、それを考えながら仕事をすることですね。まだまだ先輩たちの力を借りることが多いのですが、段取りがスムーズに行ったときは嬉しいです。
将来の夢は?

今後、配送からサッシ・アルミ課で組立を担当するのですが、新しい部署でさらに知識を深めて、いずれは営業に進みたいと思います。将来的には、お客様だけでなく、社員からも信頼され、頼られる存在になりたいと思っています。

 

 

就職活動中の学生へのアドバイス・メッセージをお願いします。
厳しいことを言うようですが、就職活動をしていく中で何かを妥協しなければいけない場面もあると思います。その中でこれだけは譲れないという条件を明確にして、現実とすり合わせていくのが良いと思います。学校で勉強したことが全て仕事に活かせるわけではありません。自分にとって、一番大切にしたいのは何なのか、しっかり考えましょう。
■デリバリー(配送) 社員一人ひとりが自分の担当を 全うし、仕事を終わらせたときの 達成感は格別です。    小澤 雅樹(おざわまさき)  デリバリー(配送)  2006年4月入社
仕事をしていく中で難しいと思うことは?
仕事の段取りを組むのが一番大変です。毎朝営業から伝票が回ってきますが、必ず追加発注が出ますし、天気によっても建築現場の作業は左右されるので、状況に応じて都度配送の順序を組み直すこともあります。また現場の様子をしっかりと把握して、明日以降の予定を組む計画性も必要ですね。
職場の雰囲気について教えてください

基本的には楽しい雰囲気の職場ですが、仕事なのでもちろん、厳しい一面もあります。ですが、忙しい中で社員一人ひとりが自分の担当を全うし、仕事を終わらせたときの達成感は格別です。チームワークがとてもいい会社だと思います。

 

 

今後の目標は?
とにかく、毎日を精一杯やろうと思っています。信用第一の仕事なので、納期の時間や品新を守り、営業やお客様に迷惑をかけないように。今後は商品の知識やお客様とのコミュニケーションをもっと勉強していきたいです。