トップメッセージ
地域社会の住生活の向上に貢献すること。  それが私たちの喜びであり使命です。      代表取締役 青木 宏彰

歴史と伝統に培われた信頼と実績

当社は1900年(明治33年)に「青木金物店」として創業以来、柏崎の地で1世紀以上の歴史を持つ企業です。創業当初は鍬や鋤などの農具を作っていましたが、先々代に当たる私の祖父がのこぎりの鍛冶・販売を始めたことで住業界とのつながりが生まれ、今に至る事業の礎となりました。

現在では柏崎と長岡エリアにおいて、地域の建築会社や工務店向けの建築資材販売を主事業としています。さらに平成10年4月には、建築業部門として「リファイン柏崎」を開設し、一般のお客様に向けたリフォーム・増改築などライフスタイルのご提案も行っています。

より高品質な情報発信による差別化

当社は建築資材販売においてエリアを限定した営業展開をしており、事業所のある柏崎店と長岡店を中心に半径約30km以内を営業圏内としています。この範囲が営業する上で一番効率が良く、それだけ高品質なサービスを提供できるからです。また建築資材の取扱品目も多岐にわたり、地域のお取引先から高い信頼をいただいています。

さらに当社では、お取引先の工務店などを集めて最新の工法やノウハウに関する勉強会を定期的に実施するなど、「高品質な情報発信・提供」という部分を重視しています。同じ住宅資材を提供するだけでは他社と何ら変わりはありません。「情報発信を使命とし、物流・工事を通じ、地域社会の住生活に貢献する」という当社の経営理念のもと、サービスに「情報」という付加価値をつけることで他社との差別化を図りながら、お客様の満足度向上、引いては地域の発展に寄与したいと考えています。

地域の住産業に貢献できる仲間を求めています

人が快適な生活を営んでいくためには「衣・食・住」の3要素は不可欠ですが、かつてこれらは地域に密着した産業でした。時代と共に「衣」と「食」の分野は大手企業の進出が進み、地域密着という性質は薄れてしまった感がありますが、「住」に関してはまだまだ地域の業者・工務店によるところが大きい分野です。当社は地域社会の住生活向上に貢献するために、これからも物流や工事といったサービスに加えて、時代に沿った新しい情報提供や提案をし続けることで、地域に必要不可欠な企業として発展していく所存です。

そのためには【常に変化し続ける時代に対応できる柔軟性や、新しいことにも果敢に挑戦できるスピリッツを持った人材】が欠かせません。当社の事業に興味があり理念に共感できる方は、ぜひ当社の門を叩いていただきたいと思います。

会社という場で人間力を磨きながら  自分の夢を描き、実現してください。    常務取締役 青木一憲

現代の日本は、かつては当たり前とされていた礼儀や挨拶の言葉、感謝する気持ちが失われつつあると言われています。当社ではそうした「人として生きるために大切なこと」を重視し、社員全員で実践しています。倉庫を綺麗に掃除する。身の回りを整理整頓する。こうした地道なことを日々重ねることで「人間力」は磨かれ、結果的にお客様から必要とされたり感謝される人になれるのだと信じています。こういった当社の取り組みは、同業他社と比べてもトップレベルにある自信と自負があります。皆さんにも仕事だけではなく、人間力を磨くことで精神的にも大きく成長していただきたいですね。

さらに皆さんには、「夢」を持って欲しいと強く願っています。自分に与えられた時間の中で、未来への目標もなく日々過ごしてしまうのはとてももったいないこと。私の夢はアオキ住建という会社を、社員から「この会社に入ってよかった。自分の身内にぜひアオキ住建に勤めさせたい」と思ってもらえる会社にすることです。どうか、皆さんも夢を持ってください。当社は自分で自分の夢をつかみに行くような、意欲あふれる人を求めています。